ダイヤの指輪と一緒に鑑定書があるけれど、じっくり見たことがないという人は意外と多いのではないでしょうか。

ダイヤの品質を証明するものなのですが、読み方はご存知でしょうか。

ダイヤの鑑定書の読み方を簡単にご紹介しておきます。

【ダイヤの鑑定書とは】

ダイヤの鑑定書というのは、4Cに基づいてダイヤをランク分けしたものです。

ダイヤにしか発行されないもので、グレーディングレポートとも言います。

4Cというのは、カラット、カラー、クラリティ、カットの4つです。

この4Cと蛍光性でダイヤの品質が決まります。

さらに詳しく知りたい方はこちら⇒ダイヤモンドの品質を表す「4C」とは?

【鑑定書に書いてあるもの】

ダイヤの鑑定書には、カット形状(シェイプ)、寸法、4C、蛍光性が書かれています。

カット形状はラウンドブリリアントカットが有名で、婚約指輪によく使われています。

ラウンドブリリアントカット以外のシェイプは、やや相場が低くなると言われています。

カラットはダイヤの大きさと思われがちですが、実は重量のことです。

1カラットは0.2gで計算されます。

カラーは色のことで、Dが一番良いランク、E、F、Gとだんだん黄色が強くなります。

クラリティはダイヤの透明度、カットは形や仕上げ、対称性になり、Excellentが一番グレードが高く、Very Good、Goodの順になります。

グレードが高いほど、きれいな輝きを放ちます。

蛍光性はフローレンスで、NONEと書かれている方が良いとされています。

【ダイヤの品質をチェック】

ダイヤの鑑定書はあるけれど、じっくりと見たことがないなら、この読み方を参考にして一度手持ちの鑑定書を見てみましょう。

自分の持つダイヤの品質がわかりますよ。

ダイヤの鑑定書の読み方について はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.