通販などでも、鑑定書付き、鑑別書付きとあるジュエリーが販売されていますね。

鑑定書と鑑別書って、同じようなものだと思っている人は意外と多いようです。

これは同じものではなくて、全然違うものなのできちんと理解しておきましょう。

【鑑定書とは?】

鑑定書というのは、ダイヤモンドだけに発行されるものです。

天然のダイヤのみに発行され、ダイヤの品質を評価したものが記載されています。

ダイヤの成績表と考えればわかりやすいですね。

ダイヤの鑑定書は、ダイヤモンド・グレーディングレポートとも言います。

ダイヤの価格を記載するものではありません。

【鑑別書とは?】

鑑別書というのは、宝石が天然のものか合成のもの、または人工のものかを記載したものです。

鑑別書はどの宝石にも付けられるもので、ダイヤ、ルビー、サファイア、エメラルドなど何でも発行されます。

石の成績表というよりも、どんな石なのか、どんな宝石なのかがわかるものです。

【いずれも発行は有料】

鑑定書、鑑別書いずれも発行するのは無料ではありません。

鑑定書はだいたい1万円くらい、鑑別書は5000円くらい必要になります。

ですから鑑定書や鑑別書付きのジュエリーは、この分が上乗せされている可能性があります。

婚約指輪など大切なものは鑑定書があった方が良いですが、普段身につけるファッションリングなら、特に鑑定書も鑑別書も必要ないでしょう。

高価なものには付けた方が良いですが、それ以外のものには付けなくても問題はありません。

鑑定書と鑑別書は同じではありません はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.